クラシエ 麻黄湯エキス顆粒 45包

商品紹介
●「麻黄湯」は、漢方の古典といわれる中国の医書「傷寒論」に収載されている薬方
です。古くよりかぜの初期症状に用いられています。
●かぜのひきはじめで、さむけがして発熱、頭痛があり、身体のふしぶしが痛い場合
の感冒、鼻かぜに効果があります。
医薬品の販売について

使用上の注意
■■してはいけないこと■■
(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなります)

次の人は服用しないでください
(1)体の虚弱な人(体力の衰えている人、体の弱い人)
(2)生後3ヵ月未満の乳児

■■相談すること■■
1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人
(3)胃腸の弱い人
(4)発汗傾向の著しい人
(5)高齢者
(6)今までに薬などにより発疹・発赤、かゆみ等を起こしたことがある人
(7)次の症状のある人
排尿困難
(8)次の診断を受けた人
高血圧、心臓病、腎臓病、甲状腺機能障害
2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を
中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください

〔関係部位〕 〔症 状〕
皮 膚 : 発疹・発赤、かゆみ
消化器 : 吐き気、食欲不振、胃部不快感
その他 : 発汗過多、全身脱力感

3.1ヵ月位(感冒、鼻かぜに服用する場合には5~6回)服用しても症状がよくな
らない場合は服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相
談してください


効能・効果
体力充実して、かぜのひきはじめで、さむけがして発熱、頭痛があり、せきが出て
身体のふしぶしが痛く汗が出ていないものの次の諸症:
感冒、鼻かぜ、気管支炎、鼻づまり


用法・用量
次の量を1日3回食前又は食間に水又は白湯にて服用。
〔 年 齢 〕 成人(15才以上)
〔1 回 量 〕 1包
〔1日服用回数〕 3回

〔 年 齢 〕 15才未満7才以上
〔1 回 量 〕 2/3包
〔1日服用回数〕 3回

〔 年 齢 〕 7才未満4才以上
〔1 回 量 〕 1/2包
〔1日服用回数〕 3回

〔 年 齢 〕 4才未満2才以上
〔1 回 量 〕 1/3包
〔1日服用回数〕 3回

〔 年 齢 〕 2才未満
〔1 回 量 〕 1/4包
〔1日服用回数〕 3回


<用法・用量に関連する注意>
(1)小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させてください。
(2)1才未満の乳児には、医師の診療を受けさせることを優先し、止むを得ない場
合にのみ服用させてください。


成分・分量
成人1日の服用量3包(1包1.0g)中、次の成分を含んでいます。
麻黄湯エキス(1/2量)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・800mg
〔マオウ・キョウニン各2.5g、ケイヒ2.0g、カンゾウ0.75gより抽出。〕

添加物として、ヒドロキシプロピルセルロース、乳糖、
ポリオキシエチレンポリオキシプロピレングリコールを含有する。

<成分に関連する注意>
本剤は天然物(生薬)のエキスを用いていますので、顆粒の色が多少異なることがあ
ります。


保管及び取扱いの注意
(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。
(誤用の原因になったり品質が変わります。)
(4)使用期限のすぎた商品は服用しないでください。
(5)1包を分割した残りを服用する時は、袋の口を折り返して保管し、2日を
すぎた場合には服用しないでください。


[その他の記載内容]
〔健康アドバイス〕
●体を休めましょう
かぜを早く治すためには睡眠を十分にとって、体を安静に保つことです。また、体力
をつけるために、栄養のバランスのとれた食事を心がけましょう。
●換気に気をつけましょう
空気が汚れていると、咳を誘発することにもつながります。暖房中でも、ときどき窓
を開けて新鮮な空気と入れ替えましょう。湿度の低下にも注意してください。
●体を温めましょう
かぜをひいた時は、胃腸に負担をかけないおかゆや、温かいミルクなどが適しています。
また、体を温めるには「しょうが湯」を飲用するのも一つの方法です。


お問い合わせ先
本剤について、何かお気づきの点がございましたら、お買い求めのお店又は下記まで
ご連絡いただきますようお願い申し上げます。
クラシエ薬品株式会社 お客様相談窓口
東京都港区海岸3-20-20(〒108-8080)
(03)5446-3334
10:00~17:00(土、日、祝日を除く)
製造販売元
クラシエ製薬株式会社
東京都港区海岸3-20-20(〒108-8080)
副作用被害救済制度の問合せ先
(独)医薬品医療機器総合機構
0120-149-931

使用上の注意
副作用救済制度についての詳細は、PMDAにご相談ください。 フリーダイヤル0120-149-931 電話番号をよくお確かめのうえ、おかけください。 受付時間:午前9:00~午後5:00 / 月~金(祝日・年末年始を除く) Eメール:kyufu@pmda.go.jp

ご注意(免責)>必ずお読みください
ご使用の際は、お薬の説明書をよくお読みのうえご使用下さい。 購入後のお問い合わせの際は、購入した店舗へお問い合わせ下さい。
販売価格 3,080円(内税)
購入数


Top